書籍

抵抗 -国家という暴力との闘い- 中村之菊 1,650円(税込み)4冊まで送料198円

162ページ ISBN-13 ‏ : ‎ 979-8352151679 発売日 ‏ : ‎ 2022/9/11 民草出版 1,500-(税抜き)

 

銃弾はどこから来たのか。隠蔽され続けている国家の犯罪を告発。あなたも証人の一人となってください。


 2022年8月26日(金)、17時10分。宮城秋乃氏からメッセージが届いていた。私がそのメッセージを開封したのは19時45分頃だ。慌ただしく過ごしている日常の中で、唯一毎日おこなっているYouTubeでのライブ配信の準備をするために、定位置で胡坐をかきスマホを開いた時に、氏からメッセージが届いていることに気が付き、すぐさまグッドボタンを押した。内容は、「いま那覇にいる」というものだった。メッセージを閉じてパソコンを開き、「沖縄県知事選 自民・公明推薦候補の演説中に銃弾の様なものが投げつけられる(RBC琉球放送)」という衝撃的な文字と画像が目に映ってハッとした。記事を読むまでもなく、瞬時に「投げつけた」人が宮城秋乃氏だということと、どんなものを「投げた」のか、なぜ「投げつけた」のかも瞬時に理解が出来た。
 今回の件で、わたしに出来ることがあるとすれば、氏が罪に問われる行為を度重ねる前に、沖縄の基地負担軽減の実行と、北部訓練場返還地における日本政府の大罪を裁くことであると思っている。出来もしない口だけの、あるいは思いだけの「米軍基地反対」は、沖縄と本土の関係だけではなく人間関係をも簡単に裂いてしまっている。これを後世へ引き継ぐことは本当に苦痛である。同時に「感動ポルノ」的な目線で沖縄を見ることをやめて、苦痛に耐え忍んでいる沖縄の声を真剣に聞いて欲しい。その上で、本気で権力に抗う人を「暴力」だと切り捨てず、根本的な原因を本書で理解して欲しい。氏の報告書をベースにして、各章の最後にわたしの知識と思いと考察などを補足として綴っていきます。
国家という暴力に対する抗いは暴力にあらず。抵抗だ。

■OKIRONで新著を紹介しています
国家という暴力に対する抗いは暴力にあらず 抵抗だ 「抵抗―国家という暴力との闘い―」


ご注文方法 下記メールフォームにて、必要事項をご記入の上、送信してください。

支払い方法 <お振込みによる前払い>
      京葉銀行 沼南支店 普通 6910772 ナカムラミドリ
      ゆうちょ銀行 10510-89744741 ナカムラミドリ

      ※他銀行からゆうちょ銀行に送金する場合は下記にお願い致します。
      ゆうちょ銀行 〇五八支店 普通 8974474 ナカムラミドリ

フォームが正常に送信されてから48時間以内に事務局よりご注文確認メールが届きます。

4冊まで送料は198円。5冊・6冊は送料370円。7冊から12冊まで520円。13冊以上は送料着払いです。

お手元に届きましたお買い上げメールをご確認の上、代金のお支払いをお願い致します。

事務局にて代金のお支払いが確認出来ましたら、発送させていただきます。

お急ぎの方はAmazonよりお買い求め下さい。
抵抗: 国家という暴力との闘い 中村之菊 https://www.amazon.co.jp/dp/B0BDNJD1K3/ref=cm_sw_r_tw_dp_95BY6T71EPR88RWEBHNN